デートの会話が盛り上がらない…気をつけたほうがいい4つのポイント

手をつないでいる男女恋愛

せっかく気になる人とのデートをこぎつけたのに、全く会話が盛り上がらないまま変な空気で解散へという苦い思いをしたことがある方はいませんか?

最初のデートで相手を楽しませられないと、二度目のデートはないというパターンが多いでしょうし、なぜ盛り上がらなかったのかわからないままでは、何度も同じことを繰り返してしまうでしょう。

ここでは、そんなデートでの会話を盛り上げる方法を伝授していこうと思います。

スポンサーリンク

デートで気をつけたほうがいいポイント1 お店での座る位置

まず、デートの時に選ぶスポットのことについて。デートをする時には、お店の雰囲気も大切ですが、座る位置にも重要なポイントがあります。例えば緊張感の高い話し合いの場では、テーブルを挟んで向かい合うことが多いですよね。

人間は無意識に、正面に座っている人を敵対視してしまう傾向にあります。なので、デートの時には必ず、横並びのお店かL字型に座れるお店をチョイスしましょう。

正面に座らないとお互いの視線が合いづらくなり、緊張感が和らぎますし、そうすることで景色を見たりお店の雰囲気をゆっくり味わうこともできるので、相手が安心し、共感が生まれやすくなるのです。

なので、初回のお店よりも、下調べなどして行ったことのあるお店を選びましょう。ちなみにこれはビジネスの世界でも有効で、商談などを決めたい時にはL字型のお店で打ち合わせをすることがいいとされています。

デートの雰囲気を盛り上げるには、まずはこんなところから注意してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

デートで気をつけたほうがいいポイント2 話をしっかり聞く

デートで会話が盛り上がらないことが恐怖で、デートの前から何を話そう、どんなことを聞こう、と構えてしまう人もいると思いますが、それはあまりいいことではありません。

沈黙している=盛り上がっていないと思いがちですが、実際には、沈黙が心地いい人ほど共感しあって安心している証拠。長年付き合っているカップルなんかはそんなにずっとお互いペラペラ喋らずとも雰囲気が悪くはならないでしょう。

変に気を使いすぎずに、相手の話に耳を傾けよく聞き、聞き終わってから素直に疑問に思ったことを投げかける、という普段友達と話しているスタンスでいいのです。

構えすぎているせいでデートに失敗してしまう例は多いですが、これは異性の友達などとたくさん会話をするなどして場慣れすれば簡単に習得できると思いますよ!

会話が盛り上がっていないと感じて、質問をぶつけてばかりいると、相手は居心地の悪いイメージを持ってしまいます。話を聞いて、リアクションをする。ただそれだけで意外と会話はどんどん盛り上がっていくものなのです。

スポンサーリンク

デートで気をつけたほうがいいポイント3 清潔感とセンスを磨く

そして、デートの時に大切なのは会話だけではなく服装もです。清潔感があり、シンプルでもセンスのいい服装、髪型を心がけないと、出会い頭に幻滅されて一向に盛り上がらないというケースもあります。

ちなみに私も過去に、いつもスーツ姿でかっこいいと思っていた男性とデートをした時に、服のセンスが絶妙にダサく、出会い頭に冷めてしまった経験があります。

相手には、「こんなに素敵な人とデートできている」と思わせなければデートは盛り上がることは難しく、「こんな人を連れて歩いて恥ずかしいな」と思われてしまったら、二度目のデートはまずないでしょう。

スポンサーリンク

デートで気をつけたほうがいいポイント4 女性にアドバイスはNG

特に男性に多い、デートが盛り上がらない失敗例として、相手の意見に批判的な意見を言ってしまった、というものがあります。これは、男性同士の会話では当たり前のようにしていた議論も、相手が女性となっては絶対にやめたほうがいいです。

例えば女性が何かの愚痴を言う。そこで男性が、「君がもっとこうしたほうがいいんじゃないの?」なんてアドバイスをしてしまった日には、女性のテンションは一気にダウンしてしまい、デートは盛り上がらないままタイムアウト。

女性というものは、アドバイスが欲しいのではなくただただ共感を求めるもの。「それは大変だね」「かわいそう」「わかるわかる」そんな言葉だけを返せば満足するんです。

どんな会話にも興味を持って、共感し、しっかりリアクションをとり、質問があれば投げかける。ただそれだけでデートの会話がとても盛り上がるものなのです。

気を楽に、デートの時間を心から楽しめるようになるといいですね!